債務整理とはどういうこと?

投稿者: | 10月 15, 2019

債務整理と言った言葉に耳馴染みのない人も多くいると思いますが、自己破産、過払い金請求、任意整理など、借金で辛い思いをしておられる方が、そんな借金を整理する方法を全てまとめて債務整理と言います。ですから、借金の整理の意味とは借金整理のやり方の総称と言ったことです。

債務の額を減らすことが目的の任意整理や個人再生と言ったのは、免責される自己破産とはワケが違い、必ず返済しなければなりません。もし、この返すが滞ると、和解や再生計画でホッとしたの持つかのま、延滞期間に相当する遅延利息をふくめ、借りたお金の残額を一括で返済することを迫られることもあります。たった一回の遅延でも起こり得ます。和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、きちんと守れるような生活をしていかなければいけません。 昔は出資法に依拠して、利率が利息制限法以上である貸付も日常茶飯事でした。金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。
現時点では利息制限法の上限を上回る金利は法律違反です。ですから、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって実際には払う必要のなかった利息が返還されることがあります。

それがイコール過払い金請求です。

どうにも生活に窮していて債務整理の相談がしたいのに、絶対に弁護士事務所に入るところを誰かに見られるのは避けたい。
あるいは多忙で事務所に行く時間を割くのが難しいと言った時は、メールを介して相談することが出来る事務所も豊富にあります。

どうしても直接や電話でのやり取りにくらべると時間がかかるものの、人目につくことなく時間も気にしなくてよいため、何よりも気を張らずに相談することが出来る方法ではないだと言えますか。